www.biculturalfreak.com

ヘルニアになると、治るということがほとんどないです。 特に腰に多いのですが、簡単に言うと負担のかけ過ぎということです。 負担が多いために、骨が出てしまってはいけないところにでてしまうという、厄介な病気です。 骨と骨が直接すり合わせが悪くなり、軟骨がないような状態で行動しなければいけないようになります。 人間は、もともと四足歩行の動物だったのですが、二足で歩くということを覚えた結果、腰に一番の負担がかかるようになりました。 今、流行っているのが体幹というものですが、人間がバランスを取るときに使うのが、この体幹という筋肉のようなものです。 漢字で分かるように、幹という字が使われています。 腰の負担をすこしでも和らげるためには、体幹を鍛えるということで、少しはマシになるでしょう。 体幹は腹筋と同じようなものですが、バランスを取る腹筋という感じですね。 腹筋が強ければ強いほど、腰への負担は少なくなります。 腹筋をすれば医者が青くなる、これは医者が言った本当の話です。

MENU

  • どのインターネットオークションでも言えますが自らの売る車
  • 私がヘルニアと診断された時
  • 妊娠性高血圧について
  • 中国の有名なお酒といえば白酒
  • 食べたいのになかなか食べられない
  • 素敵な女医さんのいる内科
  • 目的別・家での音楽の楽しみ方
  • 漫画『星読の予言者』の感想
  • 住まいによって人は変わる
  • 毛穴ケアと体質について
  • 冬場の睡眠で気をつけたいこと
  • ヘルニアは腰に多く発生します
  • 中古車にも綺麗なものがある
  • 私は看護師は無理です
  • 小学2年生の子供の歯科矯正
  • 脱毛クリームを使うと脱毛効果が増す
  • 女性を素敵に輝かせるメイク
  • 誰にでもできる脚やせダイエット!
  • 憧れているマンションについて
  • 毎晩、腰痛ストレッチをしています